なろう小説の先駆け的作品、リアデイルの大地にてがアニメ化されるとのことで気になって読んでみました。

 

 

なろうがまだ有名でない2010年から連載されていたファンタジー小説とのことで、キャラクターがとても個性的かつストーリーも続きがきになりました。

 

 

今回は、リアデイルの大地にての感想やWEBと文庫版に違いはあるのかなどを調査しました。

 

 

リアデイルの大地をあまり知らない方に向けて最初にあらすじなどをネタバレは避けつつ見ていきます。

 

 

なおebookjapanでは最初の数ページの立ち読みが会員登録不要&0円で可能です。

 

 

最後にebookjapanで500円割引でお得に文庫本を買う方法もみていくので興味のある方はぜひ最後まで読んでいってください。

 

 

リアデイルの大地の文庫に興味のある方は本文中の以下のボタンより見に行ってみてください。

 

 

立ち読み0円👇

 

 

リアデイルの大地にてとは

リアデイルの大地にて1巻

画像出典:ebookjapan

 

 

ここではリアデイルの大地にてのあらすじや内容を、物語のネタバレはできるだけ避けてからみていきます。

 

 

リアデイルの大地にてを知らなくてどんな作品なのか気になる方向けの内容です。

 

 

リアデイルの大地にてあらすじ

 

 

少女の桂菜(けいな)は、ある日事故で、病院の生命維持装置でしか生きられない体になってしまう。

 

 

けれども桂菜(けいな)が大好きなゲームのVRMMORPG(リアデイル)の中では、

毎日自由に動け生活できました。

 

 

しかし突然の停電により生命維持装置が止まり、桂菜は命を落としてしまうのです。

 

 

次に目を覚ますと、目の前に桂菜がプレイしていたリアデイルの、200年後の世界が広がっていました。

 

 

しかも桂菜はゲームプレイ時の種族ハイエルフとして、装備やレベルもプレイ時のまま転生していたのです。

 

 

かくして、桂菜はハイエルフのケーナとしてリアデイルの地で第2の人生を送っていくことになります。

 

 

 

立ち読みが無料👇

 

 

リアデイルの大地にてのWEBと文庫に違いはあるの?

 


動画出典:youtube.com
上のようなCMもあるリアデイルの大地にての文庫ですが無料のWEB版とは違いがあります。

 

 

ストーリーが追加されたなど大きな変更点が2点あるので順番に見ていきましょう。

 

 

文庫版ではストーリーに加筆修正が加えられている

 

 

リアデイルの大地にての文庫版ではストーリーに加筆修正が加えられています。

 

 

特に文庫には新ストーリーを追加して収録しているので、新規だけでなくWEB版を読んだ方にもおすすめです。

 

 

2021年7月時点で6巻まで出ていますが、1巻から新エピソードが追加とのことで、アニメ化を機に読み直してみるのもありだと思います。

 

 

文庫版ではイラストが加えられている

 

 

ライトノベルなのでもちろんイラストレーターによる絵もあります。表紙のヒロインと背景の絵がとても美しいんですよね。

 

 

もちろんストーリーの合間にも適度に挿絵が挟まれるのでよりキャラクターに感情移入しやすくなっています。

 

 

なろうのWEB小説は絵がないため、自分でキャラをイメージするしかなかったです。しかし文庫版になり挿し絵があることで物語が理解しやすくなったと感じます。

 

 

立ち読み0円👇

 

 

リアデイルの大地にては面白いの?評価は?

 

 

2010年から連載されているリアデイルの大地にては面白いとAmazonでも平均星4.5と評判が高めです。

 

 

昔からあった小説なのでなろう時代からの根強いファンもいますね。

 

 

良い評判としては、

 

 

  • 世界観や設定が良く作りこまれている
  • 登場キャラクターが個性的
  • ヒロインが可愛い

 

 

悪い評判としては、

 

 

  • なろうを読みなれているので設定がありきたりに感じる
  • 主人公のケーナが強すぎて緊張感はない

 

 

以上のような評判がありました。

 

 

悪い評判の方ですが、なろう小説を大量に読んでいる方にとっては、話がありきたりかもしれませんね。

 

 

しかし繰り返しますがリアデイルの大地は、2010年から存在しています。むしろ最近の作品が影響を受けているとも言えるでしょう。

 

 

主人公のケーナが強すぎるのもなろうのお約束なので、そこまで気にしなくてもシナリオがよくて楽しめます。

 

 

立ち読み0円👇

 

 

まとめ

 

 

リアデイルの大地にては2010年から連載されており、なろうの中ではかなり古いです。

 

 

2010年といえば今有名なSAOや魔法科高校の劣等生などもアニメ化してませんね。

 

 

最近ではよくある異世界転生なのですが、リアデイルの大地にては、世界観の作り込みとキャラクターが個性的なので根強い人気を持っている作品です。

 

 

小説が2021年7月時点で6巻でていて、漫画は3巻あります。

 

 

最後にebookjapanで50%割引クーポンを使い「リアデイルの大地にて」をお得に買う方法を紹介します。

 

 

2021年7月時点でラノベは1320円、コミックは715円~737円ですがyahooが運営にかかわっているebookjapanでは初回利用者に50%オフ(最大500円割引)クーポンを配っています。

 

 

最大500円割引とはいえ1320円のラノベが1冊820円で買えるので大変お得です。

 

 

しかも50%オフクーポンは、6回の会計で使えるので合計6冊が820円で買えてしまいます。

 

 

2021年7月時点の情報ですがぜひ確認してクーポンを使いお得にリアデイルの大地にてを買ってみてください。

 

 

50%オフクーポンがお得👇