最近梅雨で雨が多くて、洗濯ものを家で干すことが多くなりました。

 

 

家の中で干すととにかく乾くまで時間がかかりますよね。かわききっていないと何とも言えない匂いが発生して最悪です。

 

 

というわけで今回は布団乾燥機を洗濯物に使うおすすめのやり方や手順についてみていきます。

 

 

布団乾燥機の熱を使いすばやく乾かせるため、ぜひ見て試してみてくださいね♪よく乾く方法ですが熱に弱い洗濯物などもあるので、やるときは自己責任でお願いします。

 

 

布団乾燥機を洗濯後の洗濯物に!おすすめのやり方は?

 

 

 

 

せんたく物にただ布団乾燥機の風を当てるだけだと、乾燥機の熱が逃げてあまり乾かないです。

 

 

そこで布団乾燥機以外に2点用意するものがあります。洗濯乾燥袋と8連ハンガーです。

 

 

8連ハンガーor角型ハンガーに洗濯乾燥袋をかぶせておくと、袋の中から熱が逃げません。袋の中の熱でハンガーにかかった洗濯ものを効率よく乾かせます。

 

 

ちなみに8連ハンガーは、ダイヤというメーカーのものを使っています。

 

 

洗濯乾燥袋はフォーラルのものを買いました。ハンガーの大きさに合わせて袋は好みで選ぶとよいです。

 

 

なお布団乾燥機はホースタイプのものでないとこの方法は使えません。家ではアイリスオーヤマのカラリエを使っています。

 

 

布団乾燥機を洗濯後の洗濯物に!使い方について

 

 

 

 

 

ここでは布団乾燥機の使い方について具体的にみていきます。簡単なのでぜひ試してみてください。

 

 

まず8連ハンガーに服をかけます。

 

 

ダイヤというメーカーのものはハンガーの肩部分のスライドが可能です。そのため服のサイズに応じて調節できて便利です。

 

 

次に乾燥袋をハンガーにかぶせ取り付けましょう。マジックテープとファスナーで簡単に袋は取り付け可能です。

 

 

そしてファスナーを少しだけ開けて、布団乾燥機を下からさしこんで運転させ乾かします。

 

 

布団乾燥機の高温モードで約90分で乾くということですが、あまりにも湿っている場合には時間を多くする必要があります。

 

 

高温高熱がだめな服もあるので絵表示などをみて注意して乾かしましょう。

 

 

布団乾燥機を洗濯後の洗濯物に!のまとめ

 

 

最後に今回の要点をまとめておきます。

 

 

必要なものは以下の3つですね。

 

 

  • 布団乾燥機(ホースタイプ)
  • 8連ハンガーor角型ハンガー
  • 洗濯乾燥袋

 

 

8連ハンガーもしくは角型ハンガーに洗濯ものをつるして袋をかぶせるだけなので楽でした。

 

 

一番高温のモードで90分で乾くということですが、よく濡れている衣類はもっとかかります。

 

 

最後に高温がだめな洗濯物もあるので絵表示をよく確認してから使うことが大切です。