アプリもアニメも絶賛放送中のウマ娘シリーズですが、実は漫画版もあるのをしってましたか?

 

 

漫画は集英社と小学館から発売していて、小学館のものは主人公がアニメ版と同じです。

 

 

しかしヤングジャンプのものはオリジナル感が強く、アニメと主人公も違うのが特徴です。

 

 

というわけで今回はウマ娘の漫画とアニメに違いはあるのか?漫画はどれから読めばいいのかについてみていきます。

 

 

ちなみに最後に詳しくみていくのですが、以下のebookjapanサイトではためし読み0円&初回利用者50%オフクーポンを配っています。

 

 

ためしよみが0円👇

 

 

ebookjapanは、0円で1巻読める漫画もキャンペーンで毎日多くあるので本好きにはおすすめです。

 

 

ウマ娘漫画とアニメに違いは?

 

動画出典:https://www.youtube.com

 

 

ウマ娘はアニメとは違うストーリーの漫画版が2種類でています。

 

 

そのうちヤングジャンプで連載されている漫画「シンデレラグレイ」は、主人公がオグリキャップでアニメとは主人公が違う別のストーリーです。

 

 

小学館のサイコミからでている「STARTINGGATEウマ娘プリティーダービー」は、主人公がスペシャルウィークでストーリーが序盤のみアニメと同じかんじになってます。

 

 

サイコミの方はアニメと同じ「スペシャルウィーク」主人公で、アニメと違うストーリー+ウマ娘同士の交流や学園要素を補完してくれている印象です。

 

 

「シンデレラグレイ」は最初は印象最悪のウマ娘が、日ごろの努力とすごい走りのおかげで周りに認められていく王道のスポーツ漫画色が強くなっています。

 

 

「シンデレラグレイ」の方は、ジャンプらしさが特に強く出ている印象でした。

 

 

ウマ娘漫画どれから読めばいい?

sindereragurey

画像出典:ebookjapan

 

 

結論から言うとどの漫画から呼んでも置いてきぼりを食らうことはなく、熱いスポーツ漫画としてそれぞれ楽しめますね。

 

 

主人公の性格がかなり違うため話の雰囲気が異なるので、ためし読みしてから買うと良いです。

 

 

アニメから入った方は、主人公が違いアニメとはだいぶ異なる雰囲気の作品「シンデレラグレイ」をチェックしてみるといいかなと思います。

 

 

ちなみにサイコミの「STARTINGGATE-ウマ娘プリティーダービー」は途中から電子書籍版しかないです。

 

 

サイコミの方は、2021年8月時点で紙版は、Amazonで1巻が1500円となっていました。

 

 

最初に紹介したebookjapanで「ウマ娘シンデレラグレイ」と「STARTINGGATE-ウマ娘プリティーダービー」はためし読みが可能です。

 

 

ためし読み0円👇

 

 

というわけであらすじを比較した後、電子書籍で50%オフ(最大500円割引)でお得に買える方法を詳しく見ていきます。

 

 

ウマ娘漫画のあらすじ

 

 

サイコミ版とヤングジャンプ版のそれぞれのあらすじをみていきます。

 

 

まずはサイコミ版の「STARTINGGATE」から見ていきます。

 

 

STARTING GATE!ウマ娘プリティーダービーあらすじ

 

 

ぴんと立った耳にふさふさのしっぽ。

 

 

遠い田舎から上京してきた、天然な性格のウマ娘「スペシャルウィーク」は、夢と希望に胸を膨らませて、トレセン学園に編入する。

 

 

トレセン学園では、トゥインクルシリーズという最大規模のウマ娘レースに出場するためのウマ娘を育てています。

 

 

スペシャルウィークは季節外れの編入性ということで、学校になじめるか心配だった。

 

 

しかし転校初日にぶつかったサイレンススズカと、偶然にも同じルームメイトとなる。

 

 

ときには友人、時にはレースのライバルとしてお互いに切磋琢磨していくことになるスペシャルウィークとサイレンススズカ。

 

 

そして個性豊かなクラスメイトに囲まれて、スペシャルウィークのトレセン学園での青春とレースの日々がいま始まる!

 

 

読んでみた印象としてはスペシャルウィークがどんなときも天然で明るいので、ストーリーも明るい雰囲気です。

 

 

周りにウマ娘がいなかったスペシャルウィークが、学園で仲間のウマ娘と出会い交流していく様子が丁寧に描かれていたのが印象的でした。

 

「STARTING GATE!ウマ娘プリティーダービー」の立ち読みはこちら

 

次にヤングジャンプで連載のシンデレラグレイのストーリーを見ていきます。

 

 

ウマ娘シンデレラグレイあらすじ

 

 

地方のカサマツトレセン学園は、地方のレース「ローカルシリーズ」に出るウマ娘を育成していた。

 

 

カサマツトレセン学園の新入生「オグリキャップ」は、初日に授業に遅れてボロボロのジャージで教室に姿を見せる。家が貧しいため制服がなくジャージで学校まで走ってきたのだ。

 

 

オグリキャップはとにかく食い意地が張っていて、入学初日の昼に食堂のご飯をあるだけすべて食べてしまう。おまけにとにかくマイペースだった。

 

 

オグリキャップは、マイペースすぎる&身なりが汚いため、同級生からの印象は初日に最悪となります。

 

 

翌日のレース体験で、オグリキャップは同級生にいたずらされスタート直前で靴ひもをほどかれるというピンチに陥ってしまう。

 

 

しかしオグリキャップは日ごろのトレーニングの成果ですごく脚が速く、クラスメイト全員をぶっちぎり、追い抜くことに成功。

 

 

パッとしない風貌のオグリキャップだったが、そのレース結果により見学中だった多くのウマ娘トレーナーが彼女に注目した。

 

 

オグリキャップの走りに強く心を打たれた1人のトレーナーに、一緒にレースの頂点(キャップ)を目指そうと声をかけられる。

 

 

こうしてオグリキャップのトレーニングとレースへの挑戦の日々が幕を開けるのだった!

 

 

「ウマ娘シンデレラグレイ」のためし読みはこちら

 

 

両方読んでみた感想としては、「STARTINGGATE」の方は主人公が天然でかつ明るい性格のため、物語も初日から仲間ができるなど明るめの印象です。

 

 

シンデレラグレイの主人公は、マイペースすぎるため、最初は周りから悪い意味で注目を集めてしまいます。

 

 

しかし後で努力と実力が認められてくる感じの王道のスポーツ漫画のように感じました。

 

 

どちらも、ウマ娘や競馬知らない方が読んでもスポーツ漫画として楽しめるレベルの高い漫画だと感じます。

 

 

まとめ

 

 

ウマ娘の漫画は2種類あり、どちらも熱く心打たれるようなストーリーが魅力的なスポーツ漫画でした。

 

 

最後にウマ娘の漫画を50%オフ(最大500円割引)でお得に読む方法を見ていきます。

 

 

電子書籍サイトebookjapanでは初回利用者に対して50%オフクーポンを配っているのです。

 

 

そのクーポンを使えばウマ娘の漫画がそれぞれ以下のような値段で買えます。

 

 

タイトル 通常価格 クーポン50%オフ
STARTINGGATE 660円 330円
シンデレラグレイ 679円 339円

 

 

ebookjapanで買えばネットにつなげれば漫画をどこでも読めるし、本棚の本がいつのまにか増えて置き場所がなくなることもないです。

 

 

立ち読み0円&毎日セールで1巻0円で読める漫画や小説も多いので、ぜひのぞいてみてください。

 

 

ためし読み0円👇