マイクロソフトオフィス何台まで使える?複数台同時に使用したいときはどれ?

今回は、以下の様な事について詳しく見ていきます。2010年に購入したオフィスソフトがサポート終了が近くなったので調べてみました。

 

  • マイクロソフトオフィスが何台までのパソコンにインストールできるのか?
  • マイクロソフトオフィスは何台まで同時に利用できるのか?
  • マイクロソフトオフィス複数台同時に使用したいときはどれを選べばいいのか?

 

オフィス製品の種類がたくさんあってどれを購入していいか迷うあなた向けの記事です。

 

この記事を見ればあなたにピッタリなマイクロソフトオフィスが分かります。

マイクロソフトオフィスは何台までのパソコンにインストールできる?

 

マイクロソフトオフィスは製品によって、1つのマイクロソフトアカウントで何台のパソコンにダウンロードできるかが変わってきます。

 

1台~5台とかなり違ってくるので気を付けましょう。

 

主な製品を表にまとめてみたので参考にしてください。

 

マイクロソフトソフトオフィスの製品名 DLできる台数
マイクロソフトオフィスプレインストール版(永続版) 1台のみ
マイクロソフトホーム&ビジネス(永続版) 2台まで
マイクロソフトオフィスパーソナル(永続版) 2台まで
マイクロソフトソフトオフィスプロフェッショナル(永続版) 2台まで
マイクロソフトソフトオフィス365 solo

(1年版)

台数無制限
マイクロソフトソフトオフィスアカデミック

(1年版)

2台まで

 

オフィスプレインストール版とはメーカーのパソコン購入時にセットでつけることのできるソフトです。

 

購入したパソコン1台にしかダウンロードできず、他のパソコンにはダウンロードできないので注意しましょう。

 

パソコンと一緒にセット購入する場合お得に感じることもありますが1台までしかダウンロードできないことが多いので注意が必要です。

 

製品について仕様が分からない人がいると思うので分かりやすく説明しようと思います。

 

マイクロソフトオフィスプレインストール版(OEM版)

 

パソコンを購入した時にセットになっているオフィスソフトです。

 

OEM版は、そのパソコンに最初からダウンロードされています。。

 

その購入したパソコンと紐付けされており1台でしか使えないというものになっています。

 

新しいパソコンにうつすことは不可能なので複数台で使いたい人にはおすすめではないです。

 

マイクロソフトオフィスホーム&ビジネス(永続版)

 

使えるソフト Word、Excel、PowerPoint、outlook

 

メール管理ソフトoutlookが使えるので人気のソフトです。

 

メモ帳代わりのOneNoteは、ウィンドウズ10の機能として提供されます。

 

永続版なので一度購入してしまえば、サポートが終了するまで使えます。

 

マイクロソフトオフィスは、サポートが終了した後も使えるのですが、セキュリティ面で欠陥を抱えることになるのでおすすめはできません。

 

2台にダウンロードでき使用できるのもいいですね。

 

マイクロソフトオフィスパーソナル

 

使えるソフト Word、Excel、PowerPoint、

 

ホーム&ビジネスからメール管理ソフトのoutlookがなくなったものです。

 

メール管理ソフトはいらない人向けですね。

 

OneNoteはウィンドウズ10の機能として提供されます。

 

ホーム&ビジネスよりも5000円ほど安いです。

 

ホーム&ビジネスと同じ2台までインストールできます。

 

マイクロソフトオフィスプロフェッショナル

 

使えるソフト Word、Excel、PowerPoint、Access、Publisher

 

 

マイクロソフトオフィスの中で一番高額で機能も多い製品です。

 

プロフェッショナルの機能をすべて使う人は仕事で使うという場合以外は、少なくなってくるでしょう。

 

Access、Publisherを仕事に使うというのであればこれ一択ですね。

 

Accessはデータベース構築ソフト、Publisherは、名刺・チラシ・グリーティングカード・特殊形状の用紙など、とにかく見た目にこだわりたい文章を作成するときに使えるソフトです。

 

マイクロソフトオフィスアカデミック

 

使えるソフト Word、Excel、PowerPoint、outlook

 

オフィスホーム&ビジネスの学生向けのものです。

 

値段がホーム&ビジネスよりお得になっていて、ホーム&ビジネスと同じように使えます。

 

アマゾンではAmazonプライムstudentという学生向けのアマゾンプライムに入ることで購入が可能です。

 

 

 

マイクロソフトオフィスごとの同時使用台数は?

 

オフィスの種類によってダウンロードした後の同時使用台数も変わってきます。

 

同時使用台数についても少し見ていきましょう。

 

マイクロソフトソフトオフィスの製品名 同時使用できる台数
マイクロソフトオフィスプレインストール版(永続版) 1台のみ
マイクロソフトホーム&ビジネス(永続版) 2台まで
マイクロソフトオフィスパーソナル(永続版) 2台まで
マイクロソフトソフトオフィスプロフェッショナル(永続版) 2台まで
マイクロソフトソフトオフィス365 solo

(1年版)

5台まで
マイクロソフトソフトオフィスアカデミック

(永続版)

2台まで

 

意外だったのはマイクロソフトオフィス365 soloでしたね。

 

ダウンロードできる台数は無制限ですが、同時使用可能台数が5台までとなっています。

 

マイクロソフトオフィスを複数台同時に使用したいときはどれがいい?

 

 

複数台同時に使用したいときは365日で再び購入しないといけないのですがオフィス365がおすすめです。

 

ダウンロード台数無制限で、最新のオフィスソフトに無料でアップデートしてくれます。

 

オフィス365は、同時使用可能台数が5台ですが、これ以上多いものは個人向けだとありませんからね。

 

ただし1年ごとに買いなおすのが嫌だしパソコンも1台もしくは2台までしか持たないという人は、永続版を購入しサポートが終了するまで使い続けるのもありだと思います。

 

まとめ

 

マイクロソフトオフィスの使用台数とダウンロードできる台数について調べました。

 

パソコンがたくさんある人は365日版のsoloがおすすめですね。

 

2台もしくは1台しかないという場合には永続版の物を買えばよいでしょう。

 

サポートが終了するとセキュリティ面で大きく不安を抱えることになるので気を付けてくださいね。