今回はエンジェルビーツの漫画とアニメの違いについて、重要な部分のネタバレなしで紹介していきます。

 

漫画とアニメにはすごく大きな違いがあるので、アニメだけ見て漫画を見ないというのはもったいないです。

 

 

アニメだと語られなかったキャラクターの過去がマンガだとわかるので、より一層ストーリーが楽しめます。

 

 

というわけで早速見ていきます。

 

 

すぐに立ち読みしてみたいなら以下のebookjapanが会員登録不要で最初の数ページを試し読みできます。

 

ebookjapanへ

 

 

エンジェルビーツの漫画について

 


ebookjapanへ

 

 

漫画についてですが実は2種類でています。

 

  1. エンジェルビーツ
  2. エンジェルビーツザラストオペレーション

 

エンジェルビーツの2種類の漫画についてですがそれぞれ特徴がありますので順番に見ていきましょう。

 

エンジェルビーツ

 

 

アニメの前の時間内容を描いています。

 

 

アニメだと音無結弦が主人公ですが、こちらの主人公はあのムードメーカー的存在の日向となっています。

 

 

アニメが始まる前の戦線メンバーが集まっていく様子や天使との戦いを描くということで、気になる方も多いのではないでしょうか?

 

 

アニメでは一部のキャラしか過去の話が分かりませんでしたが、漫画では多くのキャラにスポットが当たり話が進んでいきます。

 

 

あの戦線メンバーやガルデモの過去はどうだったのか知りたい場合に、コミックはおすすめです。

 

 

エンジェルビーツザラストオペレーション

 

 

アニメの内容に+aして戦線メンバーの話やその他新たな追加ストーリーを描いた物語になっています。

 

 

今まで知られていなかったエンジェルビーツを描くということですが、基本的にアニメと展開が似ています。アニメの話の中に、ストーリーが追加されているのでアニメを見たことがないという人にはおすすめできますね。

 

 

エンジェルビーツの漫画とアニメの違い

 

 

漫画とアニメの大きな違いは、漫画のほうが様々なキャラクターの過去が掘り下げられているということです。

 

 

またエンジェルビーツの最初の漫画は、アニメよりも過去の話を描いているのでアニメの主人公音無結弦が登場しません。

 

 

ラストオペレーションの漫画ではアニメと同じで、音無結弦が主人公として登場します。

 

 

ラストオペレーションでは、アニメの内容にストーリーを追加するということで、エンジェルビーツの内容をもっと深く楽しみたい場合におすすめですね。

 

 

 

 

 

エンジェルビーツの漫画最新の話までお得に読む方法

 

 

ヤフーの運営するebookjapanでは初回利用者限定で50%オフクーポンをもらえます。

 

 

エンジェルビーツも無料で最初の数ページを試し読みができて、1巻が半額で買えるので電子書籍が嫌でなければ、ebookjapanはおすすめです。

 

 

クーポンを使えばエンジェルビーツの漫画1冊を以下の様な値段で買えます。

 

 

タイプ 通常価格 50%オフでの価格
エンジェルビーツ 627円 314円
ラストオペレーション 627~638円 313~319円

 

 

 

ちなみに2020年5月時点で半額クーポンはもらえますがいつ終了するか分からないです。

 

 

50%オフクーポンをもらいたい場合は早めにebookjapanに登録&購入するのが吉ですね。

 

※2020年5月時点の情報です。詳細は公式サイトで確認してみてください。