今回はSAO(ソードアートオンライン)のプログレッシブの映画が公開ということで、SAO小説について調べてみました。

 

 

SAOは何種類か小説がでていてそれぞれストーリーなどがだいぶ異なるのです。

 

 

というわけでSAOの小説のあらすじや、読む順番について紹介していきますね。

 

 

アニメとの違いがあるのか?や面白いのかについても見ていくのでぜひおつきあいいただければと思います。

 

 

最後に説明するのですがebookjapanというサイトで無料でためしよみしてから購入が可能です。

 

 

 

 

 

文章中に上のようなボタンをクリックすると、ebookjapanへ飛べます。初回利用者へ50%オフクーポンも配っているのでよければ利用してみてください。

 

 

SAO小説のあらすじ

 

 

SAOの小説には以下のようなタイトルの作品が3種類あります。

 

 

  • ソードアートオンライン
  • ソードアートオンラインプログレッシブ
  • ソードアートオンラインオルタナティブガンゲイルオンライン

 

 

ソードアートオンラインオルタナティブに関しては原作のスピンオフとなっています。オルタナティブの作者は原作の川原礫ではなく、時雨沢恵一です。

 

 

さっそくあらすじをみていきましょう。

 

 

ソードアートオンライン

画像出典ebookjapan SAO
巻数 既刊26巻
ジャンル SFファンタジー
作者/イラスト 川原礫/abec

 

 

2022年、仮想現実世界に脳の信号を使ってフルダイブ可能なVRMMORPG「SAO(ソードアートオンライン)」が発売!

 

 

ナーヴギアという装置を使いバーチャルの世界にフルダイブしてやるMMORPGは最高のゲーム経験をプレイヤーに提供する。

 

 

そのためゲームが好きな中学生桐ヶ谷和人(きりがやかずと)はSAOの発売を寝れなくなるくらい楽しみにしていた。

 

 

桐ヶ谷和人(通称キリト)はそこら辺のプレイヤーと違う、発売日前にゲームを2週間体験できるBテスターにも選ばれており、製品版の優先購入権も与えられた珍しいプレイヤーである。

 

 

SAOはいままでのファンタジーRPGとは違って、魔法の概念をほぼ排除しその代わりに何万通りあるか分からないほどのソードスキルを用意。

 

 

ソードスキル以外にも鍛冶や裁縫、料理スキルなど様々なスキルがあり、楽しみ方はプレイヤーごとに異なる。

 

 

キリトは、Bテスター時代にすでに戦闘スキルの発動方法などを学んでいた。始まりの街で知り合ったクラインにスキルのだしかたなどゲームの基礎を教えることに。

 

 

コミュニケーションが苦手で友人の少ないキリトは、いきなりゲームについて教えてほしいと頼んでくるクラインに戸惑いつつも一緒にいるのが楽しいと思い始める。

 

 

そんな中現実世界で食事をするためログアウトしようとしたクラインは、なんとログアウトのボタンがないことに気づく。

 

 

なんとそれはゲームマスターである茅場晶彦(かやばあきひこ)の、ゲームプレイヤーを電脳世界に閉じ込めるという恐ろしい事件の始まりだった。

 

 

このSAO発売の日、約1万人のプレイヤーはSAOの世界「アインクラッド」に閉じ込められ、ゲーム世界での死が現実世界での死というデスゲームに参加させられてしまう。

 

 

果たしてキリトは、ゲームをクリアし現実世界に帰還することができるのか?

 

 

現在26巻発売されており、キリトが様々なゲーム世界を冒険します。

 

 

 

 

 

ソードアートオンラインプログレッシブ

 

画像出典ebookjapan SAOP
巻数 既刊8巻
ジャンル SFファンタジー
作者/イラスト 川原礫/abec

 

 

 

2022年仮想現実世界にナーヴギアという脳の信号を操りフルダイブできるオンラインMMORPG「SAO(ソードアートオンライン)」が発売された。

 

 

発売時、ソフトの数が初期ロット約10000本という競争率の中、桐ヶ谷和人(きりがやかずと)通称キリトはソフトを手に入れてログインに成功する。

 

 

14歳の少年キリトは発売前にゲームを2週間プレイすることのできるBテスターにも選ばれており、SAOの発売を人1倍強く心から楽しみにしていたのだった。

 

 

ファンタジーに不可欠な魔法の要素をほぼ排除したかわりに、SAOには数えきれないほどのソードスキルが登場し、遊び方もプレイヤーごとに変わる。

 

 

しかし、発売初日の楽しい遊びもゲームマスター茅場晶彦(かやばあきひこ)の、クリアするまでSAOからログアウト不可能という発言により、デスゲームに変わる。

 

 

果たしてキリトはどのように1層からアインクラッドを攻略していくのか?

 

 

SAOのアインクラッドでのキリトのゲーム攻略を第1層から最後まで丁寧に描くシリーズ始動。

 

 

 

 

ソードアートオンラインオルタナティブガンゲイルオンライン

 

画像出典ebookjapan SAOGGO1
巻数 既刊11巻
ジャンル SFファンタジー/サバゲ―
作者/イラスト 川原礫/abec

 

 

 

銃と鋼鉄の世界【ガンゲイルオンライン】を舞台にしたアニメソードアートオンラインⅡファントムバレット編。

 

 

ファントムバレット編アニメにおいて銃器監修をした、時雨沢恵一が描く新たなSAOの世界が開幕。

 

 

女子大生である身長183㎝の主人公、小比類巻 香蓮(こひるいまき かれん)。

 

 

長身であることが災いし、人付き合いが苦手なかれんはある日ガンゲイルオンラインというVRゲームにであう。

 

 

コミュニケーションが苦手な自分を変えたいと思ったかれんはゲームの中でなら、違う自分になれるかも!と期待していた。

 

 

荒廃した世界で銃をうちあうガンゲイルオンラインで、かれんは150㎝くらいの低身長のアバターを手に入れることに成功する。ゲームの中ではかれんでなく、レンと名乗った。

 

 

まじめな性格のかれんはチュートリアルをすべて受けて、銃の扱い方や戦闘の基本をどんどんマスターしていく。

 

 

モンスターに負けたらどこが悪かったのか攻略を調べることも欠かさず行い徐々に知識をつけていくのだった。

 

 

現実の自分と違うアバターを手に入れたかれんは、ゲームでどのような出会いをして成長していくのか?

 

 

 

 

 

SAO小説の読む順番について

 

 

SAO小説ですが読む順番は、最初にあらすじを紹介した順番で読めば間違いないです。

 

 

  • ソードアートオンライン
  • ソードアートオンラインプログレッシブ
  • ソードアートオンラインオルタナティブガンゲイルオンライン

 

 

ソードアートオンラインプログレッシブとソードアートオンラインオルタナティブガンゲイルオンラインについて詳しく見ていきますね。

 

 

ソードアートオンラインプログレッシブ

 

 

ソードアートオンラインプログレッシブは、ソードアートオンラインの1巻と2巻であるアインクラッド編を詳しく描いたものになっています。

 

 

SAOアインクラッドでは1層から順番にゲームを攻略していくのではなく、時間が急に飛んでしまったりレベルが上昇していたりということがありました。

 

 

そのため多くのファンの間では、1層から順番に攻略する話を描いてほしいという要望があったのです。

 

 

その声にこたえて、1層から順番に攻略していくアインクラッド編として、SAOプログレッシブが生まれました。

 

 

キリトや仲間の活躍がより詳しく描かれ、攻略がしっかりされているのでアインクラッドの世界がより楽しめるのが特徴です。

 

 

ソードアートオンラインオルタナティブガンゲイルオンライン

 

 

ソードアートオンラインオルタナティブガンゲイルオンラインは作者が原作SAOと異なるのです。

 


オルタナティブでは原作の設定を引き継いで入るものの、作者が違うため、主人公から小説の文体まで全く違います。

 

 

ガンゲイルオンライン(GGO)は、原作SAOの5巻と6巻のファントムバレット編にでてくる対人シューティングゲームです。

 

 

オルタナティブからでも問題ないですが、原作SAOの5巻と6巻を読んでからだとより設定が詳しくわかるので、物語を深く味わえるでしょう。

 

 

 

 

 

SAO小説はアニメとの違いはあるのか?

 

 

小説は、アニメよりも心理描写が多くキャラクターがそれぞれ何を考えているのかが分かりやすくなっています。

 

 

1期のアインクラッド編のアニメでは完全に時系列に並び替えられて小説のストーリーが放映されました。

 

 

しかし小説のSAOアインクラッド編だと完全に時系列には並んでいないなど細かな違いがあるのです。

 

 

アニメ化の際に、放映時間が決まっているためすべての原作シーンを描写するわけにはいかず、カットされている場面も多く存在します。

 

 

原作の方がアニメより文章で長く丁寧に描かれているシーンも多いため、世界観が好きならより物語にはいりこみやすい印象が強いです。

 

 

 

 

 

SAO小説は面白い?

 

 

SAO小説の評判はどうなっているのかネットで調べてみました。結論から言うと大変評判がよく面白いとのことです。

 

 

アニメ化もして国内累計販売数が1000万部を超えているため、幅広い人に読まれているのでしょうね。

 

 

以下の順番でそれぞれの評価をみていきます。

 

 

  • ソードアートオンライン
  • ソードアートオンラインプログレッシブ
  • ソードアートオンラインオルタナティブガンゲイルオンライン

 

 

SAO小説

 

 

大人気シリーズということでとても面白いようです。以下の表に2021年11月時点でのAmazonレビュー数および平均評価をまとめましたが、非常に評価が高いですね。

 

 

面白いという口コミをネットで調べたところ以下のようなものがありました。

 

 

  • ファンタジーの世界とオンラインゲームの要素が見事に融合している
  • ヒロインが多数でてきて、キャラクターや設定が魅力的
  • ストーリーがおもしろいため物語に引き込まれる

 

 

面白くないという口コミをネットで調べたところ以下のようなものがありました。

 

 

  • アインクラッド編でMMORPGとはかけ離れた戦闘行動をする人が多く出ている
  • SAOアインクラッド編は1層から攻略してほしかった
  • 時間が数カ月や1年などよく飛ぶため主人公がいきなり成長していて驚いた

 

 

 

巻数 平均評価 レビュー数
1巻 4.5 309
2巻 4.5 136
3巻 4.5 92
4巻 4.5 99
5巻 4.5 104
6巻 4.5 84
7巻 4.7 109
8巻 4.5 82
9巻 4.7 95
10巻 4.6 88
11巻 4.5 107
12巻 4.4 97
13巻 4.4 95
14巻 4.5 101
15巻 4.4 126
16巻 4.5 131
17巻 4.2 150
18巻 4.5 187
19巻 4.5 148
20巻 4.2 166
21巻 4.5 217
22巻 4.5 284
23巻 4.5 351
24巻 4.6 555
25巻 4.7 570
26巻 4.6 227

 

 

SAOプログレッシブ

 

 

ソードアートオンラインプログレッシブは、SAOアインクラッドの物語をくわしく描くファン待望の作品です。

 

 

期待も大きかったようですが、出版された物語も面白くて高い評価を得ているようです。

 

 

先ほどと同じように評価はどうなっているのかと、どんな口コミがあったのかみていきます。

 

 

面白いという口コミを調べると以下のものがありました。

 

 

  • アインクラッド編が詳しく描かれていてよい
  • ストーリーがよくてページをめくる手が止まらなかった。
  • 本編よりもキリトとアスナのコンビがよく描かれている

 

 

面白くないというものだと以下のようなものがありました。

 

 

  • アインクラッド編の結末を知っているため緊張感がない
  • 原作アインクラッド編と設定が変わっている部分がある
  • 文章が明るい感じでデスゲームの恐ろしさが感じられない。

 

 

良い評価も悪い評価もありますが次の表で見る限り、読者全体の平均満足度は高めなようです。

 

 

巻数 平均評価 レビュー数
1巻 4.7 158
2巻 4.6 103
3巻 4.6 107
4巻 4.7 97
5巻 4.6 105
6巻 4.6 112
7巻 4.6 443
8巻 4.6 358

 

 

SAOオルタナティブガンゲイルオンライン

 

作者が上2つと違うのでどんな評判なのか気になりますよね。

 

 

結論から言うと、時雨沢恵一の文章がつむぎだす、新たなSAOの世界ということでいろんな読者が受け入れ楽しんでいるようです。

 

 

ガンゲイルオンラインは剣ではなく銃で戦う世界なので、サバゲ―などが好きな方にも読まれていますね。

 

 

面白いという口コミを調べると以下のものがありました。

 

 

  • アニメだと削られている部分が詳しくえがかれていた
  • 迫力のある戦闘シーンが描かれていてテンポが良い
  • 作者の時雨沢恵一の銃へのこだわりがよく分かった

 

 

面白くないというものだと以下のようなものがありました。

 

 

  • 文章がです、ます調なため丁寧すぎる印象を受けた
  • 原作SAOとは別物で原作キャラが登場しないのが残念
  • 銃描写は丁寧だが、物語の進みが遅く感じる

 

 

本家のシリーズよりも後に発売されたのでレビューは少なめですが、それでも高評価なようですね。

 

 

巻数 平均評価 レビュー数
1巻 4.1 88
2巻 4.2 34
3巻 4.4 38
4巻 4.3 28
5巻 4.4 42
6巻 4.5 36
7巻 4.6 40
8巻 4.5 38
9巻 4.6 52
10巻 4.7 172

 

 

 

SAO小説は面白い?まとめ

 

 

SAO小説は評価の高い小説で面白いということが分かりました。

 

 

世界でシリーズ累計で2000万部以上売り上げており、評判はとても良いようです。

 

 

yahooの運営する電子書籍のebookjapanというサイトでは買う前からためし読みができます。

 

 

ebookjapanでは、初回利用者50%オフクーポンも配っていて毎日0円で1冊読める漫画も豊富にありおもしろいサイトです。

 

 

SAOの小説および漫画もためし読みできるので気になっている方はぜひのぞいてみてくださいね。

 

 

50%オフクーポンがお得👇