プラチナエンドが2021年秋ついにアニメが放映されるということで楽しみです。

 

 

デスノートやバクマンの大場つぐみ&小畑健のタッグが描く漫画ということで気になる方も多いのではないでしょうか?

 

 

ということで今回はプラチナエンドのあらすじや評価と、試し読みしつつ漫画を全巻お得に読む方法を見ていきます。

 

 

後で詳しく説明しますが、ebookjapanでは会員登録不要でためしよみ可能&初回50%オフクーポン配布中です。

 

 

ためしよみ可能⇩

 

 

 

上のような青いボタンを文章中に配置しておくので、ためし読みしたくなった方はebookjapanへ行ってみてください。

 

 

プラチナエンドとは?

 

出典:https://www.youtube.com

 

 

ここではプラチナエンドのあらすじと読んでみた感想をみていきます。まずはあらすじをみていきます。

 

 

プラチナエンドあらすじ

 

 

主人公の少年架橋明日(かけはしみらい)は幼いころに自身の両親と弟が死んでしまい叔母一家にひきとられた。

 

 

しかし叔母一家は最初は明日(みらい)を歓迎したが、のちにずっと暴力をふるうなど日常的に虐待するようになってしまう。

 

 

中学を卒業した日に、明日(みらい)はこれからの生活に絶望し、屋上から飛び降りた。

 

 

しかし明日(みらい)は屋上から飛び降りたとき、天使につかまれたことで命を落とさなかった。

 

 

天使のナッセは、明日(みらい)のことが好きで幸せになってもらいたいと願い、地上に現れたという。

 

 

命を助けたついでに天使は明日(みらい)に対して、以下のような効果の道具を授けるのだった。

 

 

  • 白の矢・・・眼で見える範囲の相手には必中で命を奪うことができる
  • 赤の矢・・・刺した相手は自分のことを33日間好きになる
  • 翼・・・眼にも止まらない速度でいろんな場所へ飛ぶことが可能

 

 

 

不本意ではあったが、天使の力を授けられた明日(みらい)はその日から天使と行動を共にします。

 

 

そのせいで様々な天使と天使の力を持った人間との戦いに巻き込まれることになるのでした。

 

 

プラチナエンド感想

 

 

プラチナエンドの感想ですが、最初は中学卒業した主人公が生活に絶望し、学校の屋上からとびおりようとするので衝撃的&暗い印象でした。

 

 

しかし女の天使に力を与えられてから、天使や力の使い道に悩み葛藤する場面からとても面白くなってきます。

 

 

天使のナッセの言動は人間界の倫理とは大きく異なり、明日(みらい)の幸せのためならなんだってやる覚悟です。

 

 

主人公の明日(みらい)が望んでいるのはあくまでささやかな幸せであり、人の命がなくなることを嫌っています。

 

 

ナッセと主人公がお互いにどのように影響しあって、最終的に主人公が天使の力をどのように使うのかとか気になる要素が満載です。

 

 

主人公以外の天使の力を与えられた人間との、バトル展開にも期待が高まります。

 

 

ためしよみ0円⇩

 

 

プラチナエンドの漫画の評価は?

 

platinumend comic

画像出典:ebookjapan

 

プラチナエンドの漫画の評価ですが良いと悪い評価が極端になっています。

 

 

良い評価だと以下のようなものがあります。

 

 

  • 絵が非常にきれい
  • サスペンスものとしてストーリーがよくて飽きない

 

 

悪い評価だと以下のようなものがありました。

 

 

  • 絵はきれいなので買ってみたがシナリオがあわなかった

 

 

順番に良い評価から詳しく見ていきましょう。

 

 

絵が非常にきれい

 

 

良い評価だとまず画力が非常に高く絵がきれいということが挙げられています。

 

 

小畑健が作画を担当していますが、デスノートやバクマンのころから非常に高い画力があるので有名です。

 

 

小畑健の作品は、他の漫画と比べてもかなり高い描写力があり、書き込みなどもすごいので芸術的となっています。

 

 

サスペンスものとしてストーリーがよくて飽きない

 

 

天使の力を持った人物が主人公以外にもでてきて、それぞれの願いのために戦うバトルものとなっています。

 

 

力をそれぞれがどのようにつかうのか、結末はどうなるのかなどが気になりページをめくる手が止まらなくなる読者も多いようです。

 

 

デスノートなど話題作を手掛けてきた作者のコンビなので、ストーリーに高い評価がついていますね。

 

 

次に悪い評価を見ていきます。

 

 

絵がきれいだったので買ってみたがシナリオがあわなかった

 

 

これは表紙の絵がきれいだから期待しすぎてしまう場合と、同作者のデスノートやバクマンと比べてしまう場合があるようです。

 

 

シナリオに関してですが、デスノートのようなかんじのストーリーを期待して買ったらそうでもなかったという評価もありました。

 

 

デスノートは同作者の作品でもかなり売れた方で全世界で3000万部を突破しています。

 

 

事前にデスノートとは作風が違う作品ということを意識して読めば、そこまでがっかりせず楽しめるでしょう。

 

 

シナリオの好みは、個人によって違うのでまずは試し読みしつつ買うのがおすすめです。

 

 

50%オフクーポンもらえる⇩

 

 

プラチナエンドの漫画を試し読みしつつ全巻をお得に読む方法

 

 

普通に購入すると1~12巻まで512円で13&14巻は533円となっています。

 

 

実は1冊を半額の値段で購入できる方法があります。

 

 

それはヤフーの運営するebookjapanを使う方法です。ebookjapanでは初回利用の際に50%オフ(最大500円割引)のクーポンを配っています。

 

 

このクーポンは、1回の会計で50%オフ(最大500円割引)が6回も使えるのでとてもお得に買うことが可能です。

 

 

ebookjapanではプラチナエンド以外にも大量の漫画があり、話題作が1冊0円で読めるキャンペーンもよくしていますね。

 

 

気になっていたあの話題作が0円で読めたケースもかなり多いです。

 

 

会員登録不要で試し読みができるのでぜひのぞいてみてください。

 

 

50%オフクーポンがお得⇩