今回は2022年7月から放送開始した「うたわれるもの2人の白皇」ですが、うたわれるものには3作品もゲーム及びアニメシリーズがでています。

 

 

最初のシリーズ「うたわれるもの」は2006年にアニメが放送とだいぶ古い作品です。

 

 

というわけでうたわれるもののアニメとゲームに違いはあるのかについてみていきます。

 

 

目次

開く

うたわれるものアニメとゲームに違いは?

 

画像出典:ebookjapan utawarerumono
制作 OLM TEAM IWASA/2&3:WHITEFOX
監督 1:小林智樹/2:元永慶太郎/3:川村賢一
原作

アクアプラス

 

 

 

うたわれるものアニメとゲームに違いはあるのかですが、アニメ2作目では、ゲームとストーリーが変わってきています。

 

 

初代のうたわれるものアニメではストーリーは基本ゲームに沿っており、ゲームの内容に少し味付けをして視聴者に理解しやすくさせていました。もちろんゲームの日常描写など長い部分は省かれていることも。

 

 

しかし、偽りの仮面のアニメの25話の尺では、クリアに数十時間かかるノベルゲームを描写することができないため、最終話付近が特に改変されていました。

 

 

またハクなど主人公をはじめとしたキャラクターの性格にも改変が加えられているため、原作と違いアニメだとあまり頭がよくない印象を受けます。

 

 

「うたわれるもの偽りの仮面」では、重大なキャラクターも登場場面を削られているので、ストーリー面でもだいぶ変更が大きいです。

 

 

うたわれるもの最終章である「2人の白皇」は放送されて間もないのでストーリーの改変はどの程度はわかりません。

 

 

しかしアニメ「偽りの仮面」と矛盾が生じないようにするために、ゲームのシナリオになんらかの改変を加えてくることは確実に起こるでしょう。

 

 

うたわれるものアニメの順番は?

 

 

うたわれるものアニメの順番ですが、基本放送順にみれば、時系列順になっているためわかりやすいです。

 

 

以下のような放送の順番で見るとよいでしょう。

 

 

  • うたわれるもの/全26話(2006)
  • うたわれるもの偽りの仮面/全25話(2015)
  • うたわれるもの2人の白皇(2022)

 

 

特に偽りの仮面はみておかないと2人の白皇の話が分からないということになります。

 

 

せっかくなので簡単にアニメのストーリーも見ていきます。

 

 

うたわれるもの

 

 

ある日記憶をなくし大けがをしていた青年が、エルルゥという村の少女によって助けられる。

 

 

青年は奇妙な仮面をつけており外すことができず、名前も過去も全く記憶がないというありさまだった。

 

 

記憶がなく生き倒れているのをふびんに思ったエルルゥは村長であるトゥスクルに相談し、村で面倒を見ることに。

 

 

エルルゥの祖母の村長「トゥスクル」は、青年にはハクオロと名付け、息子の古着を与えた。古着を着た青年に対しエルルゥとその妹のアルルゥは亡き父の面影を重ねてしまう。

 

 

その青年とエルルゥはまだこのときは知らなかった。やがて大きな戦火がこの大陸全土に広がっていくことになることを。

 

 

 

うたわれるもの偽りの仮面

 

 

記憶を失った青年は雪積もる山の中をさまよっていた。

 

 

山をさまよっていたところ化け物に襲われそうになった青年を助けたのは、クオンという旅の少女だった。

 

 

クオンという旅の少女は、ハクに対して生きる術と名前を与えた。

 

 

青年は仮の名前をハクと名付けられる。その名前はかつて伝説となったうたわれしものの名前だった。

 

 

クオンとハクは、記憶のないハクに対し住まいを確保して、できる仕事を見つけるため帝都に向かうことになる。

 

 

 

うたわれるもの2人の白皇

 

 

帝都でのアンジュ毒殺未遂事件により、八柱将の1人であるオシュトルの故郷「エンナカムイ」に逃げ延びたハクたち一行。

 

 

毒殺は未遂に終わったが、後遺症のせいでアンジュは声を出せなくなってしまう。

 

 

そんな中、帝都にいる八柱将の一部は、アンジュの代わりに偽物の皇女をまつりあげ、民の心の安定をはかり、混乱をしずめようとしていた。

 

 

アンジュが生きていることに勘づいた八柱将の1人「デコポンポ」は、単身自身の軍を率いて秘密裏にエンナカムイに遠征し、アンジュの奪還を計画する。

 

 

デコポンポは、1人でアンジュを奪還し、偽物の皇女をまつりあげた他の八柱将をその座からひきずり下ろそうとしていたのだ。

 

 

しかし迎え撃つハクたちはある作戦を計画していた。こうして皇女のアンジュとハクたちを中心とした規模の大きな戦が再び起こるのだった。

 

 

うたわれるものアニメをもっと楽しむために

 

 

うたわれるもの「偽りの仮面」および「2人の白皇」の2作品のゲーム中のビジュアルシーンを収録した画集「ビジュアルコレクション」が販売されています。300ページというすごいボリュームです。

 

 

舞台設定画なども多数収録しており、うたわれるもののファンであれば楽しめる内容となっています。

 

 

紙のものは中古で5000円ほどと高くなっていますが、電子書籍であれば初回クーポンを使い割引価格で手にすることが可能です。

 

 

ebookjapanでは初回に6回使える50%割引クーポン、DMMだと初回70%割引クーポンを配っています。

 

 

順番に見ていきましょう。

 

 

うたわれるものビジュアルコレクションをお得に買う方法①ebookjapanの50%割引クーポン

 

 

ヤフーが運営にかかわるebookjapanでは6回使える50%オフクーポン(1会計で最大500円引き)を初回利用者に配っています。

 

 

うたわれるもの偽りの仮面・2人の白皇公式ビジュアルコレクション /2530円→2030円

 

 

店名 ebookjapan
割引率 50%
使用回数 6回
割引上限(1会計) 500円
利用期限 60日以内

 

 

 

 

初回利用者向けの50%オフクーポン(最大500円引き)は、6回までつかえるとのことでほしかった漫画などを手に入れるのもよいでしょう。

 

 

ためしよみは0円で会員登録不要でできるので一度試してみてはいかがでしょうか?セールにより0円で1冊読める漫画も多数あります。

 

 

初回50%割引クーポンもらえる👇

 
 
 

うたわれるもの「ビジュアルコレクション」をお得に買う方法②DMMブックスの70%割引クーポン

 

 

DMMブックスでも70%割引クーポンを配っていて以下のような値段でうたわれるものビジュアルコレクションが読めます。

 

 

うたわれるものビジュアルコレクション/2530円→759円(1771円の割引

 

 

 

70%割引クーポンは以下のような特徴があります。

 

 

 

店名 DMMブックス
割引率 70%
使用回数 1回
割引上限(1会計) 3,000円
利用期限 7日以内

 

 

70%割引は大きく、1回しか使えないですが上限3000円の割引になるようカートに多くの本を入れて買うとお得です。

 

 

DMMブックスの多くの本は、最初の数ページが0円でためしよみも可能です。

 

 

初回の70%割引クーポン(上限3000円)がお得↓