今回は魔法科高校の劣等生の小説は、どういうところが面白いのかについてメインにみていきます。ネットでの評価なども調べて分かりやすくまとめてみました。

 

 

魔法科高校の劣等生は、お兄様の圧倒的な強さとかっこうよさが受けてなろう小説の中で大人気になった作品ですね。2022年にはアニメ3期の追憶編が放送されます

 

 

小説のあらすじに漫画と違いはあるのかについても見ていきます。

 

 

最後に詳しく見ていきますがebookjapanでは6回使える50%割引クーポン(割引上限500円)を初回購入者に配っています。

 

 

文章中の青いボタンからebookjapan公式サイトへいけて、ためし読みも可能なのでぜひ利用してみてください。

 

 

魔法科高校の劣等生の小説は面白い?

画像:ebookjapan mahoukakoukounorettousei-novel
巻数 33巻(完結)
作者/イラスト 佐島勤/石田可奈
発行 KADOKAWA(電撃文庫)

 

 

 

魔法科高校の劣等生の小説など関連書籍は、2021年12月時点で約2000万部は売り上げているとのことです。

 

 

すごくたくさん売れているので、多くの読者の期待に応えた面白い小説であるといえます。

 

 

いったいどんなところが面白いと思われているのかさっそくみていきますね。

 

 

面白いところ①主人公である司波達也が強くて安心感がある

 

 

タイトルの魔法科高校の劣等生とは主人公の司波達也です。しかし魔法科高校(では)劣等生というかんじで、戦闘力でいえばほぼ無敵の強さがあります。

 

 

敵を無力化したり一掃してしまうことに関して、主人公の魔法より強い敵は作中でなかなか登場しません。

 

 

達也は妹である美雪(みゆき)を守るために、どんな不可能と思われるミッションでもいつも簡単になしとげています。

 

 

司波達也の圧倒的な強さで悪を滅ぼしていくシーンは、ほんと爽快感があるのでよいです。

 

 

SNSでも魔法科高校の劣等生の感想について以下のようなレビューがありました。

 

 

  • 主人公がとても強くて安心感がある
  • 主人公が強いじゃなく周りの同級生もある程度強いのがよい
  • 妹深雪のためにあらゆるミッションを平然とこなす兄達也がかっこいい

 

 

やはり多くの読者は、主人公が最強な感じの能力を持ち、かわいい妹のために一途に行動する姿がかっこいいと思えるようです。

 

 

面白いところ②作者が考えたSFの設定や世界観が魅力的

 

 

魔法科高校の劣等生の面白いところにSF設定や世界観が魅力的なところがあげられます。

 

 

携帯のような端末「CAD」を使用して魔法を展開するというのがかっこよくて、科学と魔法がよく融合した設定だと思います。

 

 

いろいろな組織や軍事国家の内容なども描けていて、読み応えのあるSF小説に仕上がっているといえるでしょう。

 

 

実際SNSなどでレビューを調べたところ以下のような内容のものがありました。

 

 

  • SF部分の設定がよく練られていて魅力的に感じた
  • 魔法が端末でプログラミングのように出力というのがかっこいい
  • 世界観の説明がワクワクさせてくれる

 

 

面白いところ③登場人物が個性的

 

 

非常に兄が大好きなヒロインの深雪と、かっこいい兄の達也のほかにもいろんな仲間がでてきます。

 

 

  • 肉体の力のみで魔法並みの破壊力をもつ格闘技をくりだす「レオ」
  • 剣術が得意な学年No.2の美少女と呼ばれる「エリカ」
  • ちょっと気弱だけど光に関する魔法が得意な「ほのか」
  • 影の風紀委員としておそれられる拳銃の扱いが上手な「雫(しずく)」

 

 

ほかにも個性豊かな仲間やライバルが登場し物語を盛り上げてくれます。あなたの好みにあえば,キャラ同士のかけあいも楽しくお気に入りになることでしょう。

 

 

 

 

 

魔法科高校の劣等生の小説に漫画と違いは?読む順番は?

 

 

ここでは魔法科高校の劣等生の小説のあらすじに漫画と違いはあるのか?および読む順番についてみていきます。

 

 

魔法科高校の劣等生の小説と漫画のあらすじに関してですが、大きな違いはないです。

 

 

ただし漫画は小説のように心理描写や世界観の説明描写を丁寧にはさむわけにはいきません。そのため小説の内容をカットしている部分も多くあります。

 

 

魔法科高校の劣等生の面白さはSFの世界設定などにあるので、マンガだけだと設定が分かりにくいことも。

 

 

気楽によめて本筋の話を理解できるのが漫画の良いところといえるでしょう。

 

 

また漫画は○○編という章ごとに作画の人が違うという特徴があります。

 

 

魔法科高校の劣等生小説の読む順番は?

 

 

読む順番についてですが、小説は1巻から33巻まで順番に読んでいけばOKです。

 

 

漫画は、小説と同じように以下のストーリーの順番で読みましょう。

 

 

  • 入学編(全4巻)
  • 九校戦編(全5巻)
  • 夏休み編(全3巻)
  • 会長選挙編(全1巻)
  • 横浜騒乱編(全5巻)
  • 追憶編(全3巻)
  • 来訪者編(全7巻)
  • 星を呼ぶ少女(全2巻/劇場版コミカライズ)
  • ダブルセブン編(全3巻)
  • スティープルチェース編(全3巻)
  • 古都内乱編(既刊4巻)
  • 四葉継承編(既刊2巻)
  • 師族会議編(既刊3巻)

 

 

また番外編及び魔法科高校の優等生という主人公の妹「美雪」が主人公の漫画もあります。

 

 

おわりに

 

 

魔法科高校の劣等生についてですがebookjapanというサイトで購入する前に数ページためしよみ可能です。

 

 

追憶編が、2021年12月31日からアニメ放送されるので、きになるという方も多いのではないでしょうか?

 

 

ebookjapanでは初回利用者に6回使える、50%割引クーポン(割引上限500円)も配っています。

 

 

魔法科高校の劣等生ですが1巻が605円~737円でebookjapanで売られているのです。

 

 

50%割引クーポン(上限500円割引)を6回使えば1冊302円~368円で6冊まで購入ができますね。

 

 

最大500円割引のクーポンは非常にお得なのでぜひあなたも利用してみてください。ためしよみは最初の数ページが0円でよめます。

 

 

 

初回6回使える50%割引クーポンがお得↓