今回はdynamic chord(ダイナミックコード)のアニメについて衝撃的だったのであらすじや面白い場面、おすすめ要素などを見ていきたいと思います。

 

 

原作が女性用恋愛アドベンチャーゲームだということでしたが、なんとヒロインが不在のため恋愛要素がいっさいありませんでした。

 

 

最後に見ていくのですがダイナミックコードは漫画のほうが描写がわかりやすく、おススメな作品になっています。

 

 

以下の青いボタンからいけるebookjapanではダイナミックコード漫画の無料試し読みが可能なので利用してみてください。

 

 

初回利用者ならヤフージャパンのIDでログインすれば50%割引クーポンもらえます!

 

 

初回50%割引クーポンがお得↓

それではさっそくみていきましょう。

 

 

dynamic chordのあらすじは?

 

画像:ebookjapan DYNAMIC CHORD
話数 13話
ジャンル 日常,群像劇
制作 studioぴえろ

 

 

 

 

正式名称は大文字でかいた「DYNAMIC CHORD」ですね。アニメのあらすじを見ていこうと思います。

 

 

DYNAMIC CHORDあらすじ

 

 

注目のアーティストが多数所属している音楽事務所兼レコード制作会社「DYNAMIC CHORD」。

 

 

その中でも今特に注目されていて大人気の4つのバンドグループがいた。

 

 

プログレッシブなサウンドで独特の世界観を演出する「reve parfeit(レーヴパッフェ)」。

 

 

静かな中にも激しさを感じさせるエモーショナルなロックサウンドの「Liar-S(ライアーズ)」。

 

 

激しさを持ちつつも妖艶なロックサウンドと圧倒的な演奏力で魅せる「KYOHSO(キョ―ソー)

 

 

ダンスナンバーとロックをミックスさせた若者に人気を誇る「apple-polisher(アップルポリッシャー)」

 

 

華やかな世界に身を置く16人のバンドメンバーが、様々な出会いや別れを経て、それぞれが目指すステージに向けて奏でていく軌跡。

 

 

日本の四季を背景に彼らのリアルな日常を描いたドキュメンタリームービーが、今、幕を開ける。

 

 

初回50%クーポンがお得↓

 

 

dynamic chordは面白い?

 

 

DYNAMIC CHORDについてですが、原作ゲームの恋愛要素を取り払った結果、面白い日常ギャグアニメのようになっています。

 

 

音楽要素もでてくるのですが、それよりもバンドメンバーが楽しく遊びに行ったり交流を深めたりするシーンの方が印象的ですね。

 

 

またいろいろな場面で見られる、建物や風景などの作画崩壊も放送当時はファンをにぎわせたようです。

 

 

ネットでの面白いという評価と面白くないという評価をまとめてみました。

 

 

面白いという評価

 

 

面白いという評価には以下のようなものがありました。

 

 

  • 気持ちが落ち込んでいる時に見ると明るくなれる
  • 登場人物がかっこよく気のいい奴らばかりだった
  • いろいろなツッコミどころがあり笑えてしまう

 

 

やはりダイナミックコードはギャグ+日常アニメとして高い評価を得ていました。

 

 

登場する男性バンドマンは全員かっこいいのですが、やることがすべてダイナミックというか破天荒な感じなんですよね。

 

 

笑えて明るい気持ちになれるというのもGOOD!

 

 

面白くないという評価

 

 

ダイナミックコードの面白くないという評価は以下の通りです。

 

 

  • シナリオが分かりにくい
  • あきらかな尺稼ぎのための同じシーンを映すことや回想が多め
  • 作画崩壊がだいぶひどくなる回がある

 

 

ダイナミックコードは背景の作画崩壊なども笑えるシーンの1つにカウントできるくらいです。しかしそのせいで評価を落としていますね。

 

 

尺稼ぎのために、同じシーンを映すときもあるので一部視聴者からは不評のようです。

 

 

またバンドメンバーの人数が多くて主要キャラの紹介もないため、初見でシナリオが分かりづらいというデメリットもありました。

 

 

漫画版はアニメの問題点をふまえて、バンドの主要メンバーの紹介をきちんとして、尺稼ぎのような部分を減らしてました。

 

 

 

 

dynamic chordはおすすめなのか?

 

 

ここでは、dynamic chordのアニメがおすすめな点とストーリーやdynamic chordの漫画版をみていきます。

 

 

後で詳しく見ていきますがダイナミックコードの漫画版はアニメより、初見に分かりやすく描かれていました。

 

 

dynamic chordがおすすめな方

 

 

  • 笑える日常アニメが好き
  • 作画崩壊(建物など)はあまり気にしない
  • 明るくなるアニメを求めている

 

 

やはり以上のような項目に当てはまる方はぜひみてほしいです。ギャグにあうあわないはあると思いますが、とにかく明るくて楽しい感じでした。。

 

 

しかしアニメ版は脚本の問題と構成によって話が分かりにくい部分も多くあります。

 

 

そこでアニメの欠点を補いわかりやすくした、漫画版のほうをおすすめしておきますね。

 

 

dynamic chordは漫画がおすすめ

 

 

日常シーンだけでなく、ストーリーも重視する方におすすめなのがアニメ版をもとに作られたダイナミックコードの漫画版です。

 

 

ガンガンファンタジーコミックで全2巻ででているわけですが、キャラクター紹介も最初にあり、作画もきれいです。

 

 

そしてキャラクターの心理描写もアニメよりも追加して分かりやすく補完してあります。

 

 

漫画作者のダイナミックコードへの愛が感じられて、とてもよいコミカライズになっていました。

 

 

漫画がどんな様子か気になる方は、ebookjapanがおすすめです。

 

 

ebookjapanでは購入前に、ほぼすべての漫画を会員登録なしで無料でためしよみができます。

 

 

Yahoo japanのIDを作ってログインすれば、初回利用の場合、6回使える50%オフクーポン(最大500円引き)をもらうことが可能です。

 

 

初回50%クーポンがお得↓

 

 

またebookjapan同様お得に本が購入できるDMMブックスというサイトもあります。

 

 

ebookjapanと同じでためしよみが可能でセールにより無料で1冊漫画が読むことができることも。

 

 

1度しか使えないですが、初回購入者に対し、70%割引クーポン(割引上限3000円)を配布しています。

 

 

ebookjapanと両方使うことでさらにお得に本が読めますね。

 

 

初回70%割引クーポンがお得↓