最近はまっている保安官エヴァンスの嘘についてみていきます。

 

くすっと毎回笑えるという表現がぴったりの面白さですね。

 

女にもてたいがために保安官になった主人公と、幼なじみの女の子ガンマンのラブコメですがまわりに出てくるキャラが個性的です。もてたいけどエヴァンスに恋人がいたためしはありません。

 

小学館の少年サンデーの中では、影に隠れて地味なイメージですが、連載開始からほぼかかさず読んでる私は非常におもしろいと思っています。

 

それでは、保安官エヴァンスの嘘の魅力について見て行きます。

 

 

 

保安官エヴァンスの嘘1話について

 

保安官エヴァンスの嘘1話は、主人公がどうして保安官になったのかについて語られます。

 

ガンマンはイケててモテるという父親の影響からガンマンになった事が語られます。

エヴァンスの父親もガンマンですがとにかくもてたいんですね。

 

父の影響を受けて育ちもちろんガンマンになります。

 

エヴァンスの保安官になった理由「モテたいから」というのが分かりやすいですね。

少年漫画の主人公だったら正義のためとか言い出しそうです。

 

エヴァンスが出会う女性は意識してないのにもかかわらず基本おたずね者です。

漫画には、かわいい女性が出てきます。

エヴァンスが知らないのですが、かわいい女性は、だいたいが賞金首だったりしますね。

 

意識してないエヴァンスの言葉や行動が、きれいに倒れるドミノのように賞金くびの逮捕や相手を反省させることにつながるというのが毎回見事だなと思います。

 

1話でもエヴァンスが恋する魅力的な女性がでてきますが、やはり・・・・・・でした。

エヴァンスの恋の行方が気になるならぜひ1話を見てください。

 

 

保安官エヴァンスの嘘最新話および評価について

 

最新話というか単行本は4巻まで出ていますね。

最新4巻レビューをのぞいたところAmazonでも星5が平均評価です。

 

保安官エヴァンスが賞金首などを逮捕するというのが基本ストーリーなのでだれてくるのではないかと思いがちですが、毎回展開がワクワクするというのも魅力的です。

 

保安官エヴァンスを狙う組織とかもでてきたりして、どうなるのとページを読む手が止まらなくなることもあります。

 

2話から出てくるオークレイというエヴァンスの幼馴染もいます。

オークレイはエヴァンスに恋をしていますが素直に表現できません。

エヴァンスも、オークレイの事は好きですが不器用なので・・・。

 

エヴァンスと幼馴染のオークレイの信頼しつつもくっつきすぎない関係がちょっとずつ進展していく様子がいいなと思った漫画です。

 

保安官エヴァンスの嘘の評価について

 

ツイッターでも高評価なようです。地味に人気なのでサンデーで細々と続いてほしいしできればアニメ化もしてほしいですね。

 

少しツイッターの感想を見て行きましょう。

 

 

 

 

というわけで保安官エヴァンスの嘘の紹介でした。