SAOアリシゼーションのアニメが始まりますね。

 

 

しかしラノベやまんがなど原作は気になってるが、面白いのかという不安があると思います。アリシゼーション編は9巻から18巻までありますからね。

 

 

というわけでラノベ歴8年以上のわたしが、実際に読みあらすじなどをつまんで面白いかなど見ていきますよ!

 

 

なお以下のサイトでは電子書籍の立ち読みが少しできます。どんな感じなのかぜひあなたの目で確かめてください。

 

 

 

ebookjapanというサイトは検索エンジンのヤフーのグループが運営してます。

 

 

SAOアリシゼーションラノベについて

 

Amazonで平均評価4.5と高めなので多くの人に受けいれられているようです。

 

 

アインクラッド編SAOの原作1巻、2巻のころが良かったという人には9巻は退屈だと思うでしょう。MMOというよりは普通のファンタジーRPGのような展開です。

 

 

王道のRPG展開が好きなら、アリシゼーション9巻の最初から最高に面白いです!

 

キリトがレベル1からファンタジーRPG世界を冒険したらどうなるのか?というのが丁寧にえがかれます。

 

 

SAOアリシゼーション9巻は、どこか懐かしさを覚えるファンタジーラノベの子供時代編みたいなはじまりです。

 

 

アインクラッド編のようなデスゲームみたいな怖さのない分展開は、ゆっくりとしています。

 

 

親友のユージオ、ヒロインのアリス、キリトの3人の会話や友情が見ていてほほえましかったです。

 

 

キリトがなぜアリシゼーションの世界に迷い込んだのか?その理由が分かるまでじれったさを感じつつも、ページをめくる手が止まらないというのがアリシゼーションですね。

 

 

理由は物語の導入に200ページもさかれているからです。物語の導入が9巻で終わりそのあと18巻までアリシゼーションの話が続くのでかなり長くなっています。

 

 

SAOアリシゼーション漫画は面白いのか?

 

 

 

漫画ではキリトがアリシゼーションに行く前の話が1ページ目で説明されてます。

アリシゼーションコミックは1巻だけしか発売されてないですね。

 

 

コミックの表紙にうつっているのは、キリトの親友でもあり一緒の村でくらすユージオと村長の娘である金髪の女の子アリスですね。

 

 

キリト、アリス、ユージオの3人で物語がしばらく進むので、アスナとかが見たい人にとってはかなり巻数をまたぎますね。

 

 

アリシゼーション漫画作者の山田孝太郎は、SAOファントムバレットのコミック、聖剣の刀鍛冶コミック、任天堂ゲームのファイアーエムブレム覚醒などのキャラデザなどをてがけてきました。

 

山田孝太郎は、原作つきの物語で、登場人物をかわいらしく描くのが上手な感じの作者です。背景などもきれいに書き込まれていてSAOらしさが出ています。

 

 

ebookjapanでは会員登録しなくても立ち読みができます。

漫画もたちよみOKなのでどんな感じか、たしかめるのをおすすめします。

絵がかわいらしく美しいのでおすすめの漫画ですね。

 

以下の画像からebookjapanで試し読みができます


気になってる人は会員登録してもいいかもしれません。