今回はUQモバイルのhuawei p10 lite購入を検討している方に向けて性能や割引について見て行こうと思います。

 

2018年4月現在UQmobileはhuawei p10 liteとSIMセットで申し込めばhuawei p10 liteが0円です。気になる方はWEBストアに行ってみてみましょう

 

huawei p10 liteは一般人から見たらインターネットや動画閲覧などで快適に使えます

 

UQモバイルではお得なキャンペーンとしてhuawei p10liteのWEB申し込み購入者に1万円のキャッシュバックをしています。

 

お得なので受け取り方なども紹介します。10000円キャッシュバックは、インターネットからの契約限定なのでぜひ見て行ってください。

 

UQmobileのhuawei p10 liteのスペック(性能)について

 

やはり端末の処理速度などどれくらいの性能があるのか気になりますよね。

 

huawei p10liteはどのくらいの性能なのか初心者にも分かるようにiphoneと比べてみます。

 

iphoneは、日本人の利用者も多くおそらく分かりやすいと思うからです。

 

 

huawei p10 liteはiphone7よりも性能が勝っています。どれくらいの性能か見て行きましょう。

 

 

iphone7 huawei p10 lite
発売日 2016/9月 2017/6月
画面解像度 1334×750 1920×1080
バッテリー 1960mAh 3000mAh
CPU性能 2.33GHz 2.1GHZ+1.7Ghz
CPU(コア数) 4コア 8コア
メモリ 2GB 3GB
ストレージ 32GBや256GB 32GB

 

順番に見て行きます。もうわかってるよという人もいるかもしれないですが少しずつ開設をいれます。発売日に関してはhuawei p10 liteが後なので新しいですね。

 

画面解像度

 

画面解像度は、どれくらいきれいに画像や動画が写せるかなのですが、大きい方がきれいに写せるという事ですね。

 

しかしよほどマニアの方以外だとiphone7もhuawei p10 liteもかなりきれいなので気にしないという方も多いのではないかなと思います。
huawei p10 liteが画面解像度で勝っていますね。

 

バッテリー

 

やはり容量の大きい方が長持ちです。

huawei p10 lite のほうがバッテリーは長く持ちますね。

 

ちなみにiphone7の1960mAhだとどれくらいの時間使っていられるのかについて見て行きます。公式の製品仕様です。実際の使用時間は、アプリの起動などによって少なくなることも多いと思います。

 

連続通話時間

3Gで最大14時間

インターネット利用

  • 3Gで最大12時間
  • 4G LTEで最大12時間
  • Wi-Fiで最大14時間

 

huawei p10 liteの3000mAhについてもみていきます。

比較するまでもなくバッテリーの持ちがiphone7に勝っていますね。

 

詳しい性能が見つからなかったのですが充電を最大まですればユーチューブの動画を10時間連続で再生可能なようです。

 

CPU性能(総合)

 

さてCPU性能ですが2.33GHzでiphone7は、勝っているように見えますが総合ではコアの数が多いhuawei p10 liteの方が勝ているのでインターネットやゲームが快適にできます。

 

CPUのコア数がiphone7は4個しかないのに、huawei p10 liteだと8個になっています。

 

コア数の差が2倍であるため、インターネット閲覧の速度や動画などの閲覧が快適に行えます。

 

メモリ(GPU)

 

GPUはよく机の大きさとしてたとえられます。メモリは、大きいほど一度にたくさんの処理ができます。メモリが大きいほど机の大きさも大きくなり置いておけるもの我多くなると考えてください。

 

メモリが大きいと、アプリを開いてインターネットの閲覧などをするときなどに役立ちますね。メモリが大きいと、複数の処理をしても遅くなることなく快適に動作します。

 

huawei p10 liteが3GBでアイフォン7が2GBでした。やはりhuawei P10 liteのほうがいいですね。

 

ストレージ

 

ストレージが大きいほど、動画や写真を保存して置ける数が大きくなります。

 

ストレージがiphone7の場合32GBや64GBや256GBなど選べます。

しかしiphone7は、SDカードなどに対応していないのでメモリーを増やし写真や動画を移すという事はできません。

 

huawei p10 liteでもストレージが32GBあるので写真なら、忘れるくらい多く保存できます。ストレージが足りない場合SDカードを買って写真や動画を移動することもできます。

 

値段

 

値段ですがhuawei p10 liteはなんと2万円から3万円で買うことができます。

それに対し、iphone7は32GBで6万円くらいです。ストレージが大きいほどiphoneは高くなります。

 

UQmobileのhuawei p10 liteの割引について

 

huawei p10 liteは最初に書きましたがUQモバイルで端末とSIMセットで申し込めば0円です。(2018年4月1日)

 

実はUQモバイルではWEBストア限定で端末とSIMをセットで申し込む人へ向けて最大13000円のキャッシュバックキャンペーンをやってます。

 

huawei p10 liteはキャッシュバック対象ですね。キャッシュバックは現金が後から戻ってくるので非常に嬉しいです。

 

キャッシュバックはクレジットカードで申し込みなおかつWEBストアから申し込んだ人が対象です。

 

詳しいキャッシュバック解説については「UQmobileの割引や学割や家族割の情報について今ならキャッシュバックも」という記事にまとめてみました。

 

しかしとにかく商品やキャッシュバックの確認をしたい方はすぐに↓のバナーからショップに飛べるので確認してみましょう。

キャッシュバックの流れ

 

①UQ mobileの申込みをする。

 

②キャッシュバック対象者には、開通月を含めない2ヶ月後の1~10日までに、申込み時に入力のメールアドレス宛に口座情報の入力フォームが送られてきます。

 

開通月を含めない2ヶ月後末までに必ずキャッシュバック振込み先の口座情報を入力完了しましょう(完了しないとキャッシュバックがもらえません)。

 

④ 開通月を含めない3ヶ月後末日に指定口座に振込みされます。

  1. ⑤キャッシュバック受け取り完了します