今回からちょっと神戸小鳥のストーリー芽吹く気持ちをやっていこうと思います。

 

小鳥は瑚太郎の幼馴染でかわいいと思いますね。

 

さてさっそくストーリーを見ていきましょうか。

 

アニメしか見たことないので詳しくないんですがこのゲームほのぼのしてていいですね!

 

それではみていきましょう。

 

芽吹く気持ち

 

緑を増やそう委員会に行くという小鳥。

 

放課後にいつもやっているらしいんですがこのBGMいいっですね。

 

瑚太郎は吉野とデュエルです。

 

街中に種を植えていく活動らしいですが、吉野とのことをもちろん放っておいて小鳥についていきます。

 

ああごめんよ吉野。

 

1:街中を緑に

小鳥は「街中を緑にしてやろう」と言いますが、瑚太郎はいっそのこと森にしてやろうと言います。

 

ともちろん吉野は怒ってデュエルを挑んできます。

 

それはもう結構怒っていましたね。

 

「デュエルか?」を選ぶと好感度が上がりません。

 

ここはもう一つの選択肢を選ぶべきでしたね。

 

シーン3古い付き合い

 

それは「恋なんじゃないか」を選びましょう。

 

もちろん分かりやすいですが、好感度が上がりますね。

 

冬木とかいう不良に絡まれますがそんなに強くなかったです。

 

シーン5街に緑をまきまくるぞ

 

瑚太郎はくさいセリフをいいますね。

 

「愛する小鳥のためだからな」を選びましょう。

 

愛する小鳥のため

 

これが大正解ですね。

 

瑚太郎との恋愛イベントに発展したりするのでしょうか?

 

瑚太朗は種をまきますが、種は委員長にぶつかって怒られます。

 

シーン8きっと世界も救えるさ

 

この勢いで町を緑で埋め尽くしてやろう的なエンドで締めくくられます。

 

瑚太郎と小鳥はいいコンビですね。

 

世界も救えるさ (1)

 

というわけで今回はここまでにします。

 

課金で入手するアウロラを無料で手に入れガチャを引けてしまう裏技はこちら

 

ストーリーがぞくぞくするRPG紹介