はい今回は西遊記の2章ー1に進んでいきますね。

 

今回は西遊記と言えば有名な金角と銀角という有名な2人が登場しますよ。

 

スタミナは基本5消費ですが、そこまで気にせずともすぐにプレイヤーレベルも上がるので回復が気にならない感じですね。

 

さて早速攻略しましょう。

 

金角・銀角登場

 

三蔵法師ジョナブラックと主人公一行チームは、謎の男が持ち去った悟空の脳みそを奪還すべく追いかけます。

 

しかし見失ってしまいここからはみんなで手分けして探し出すことになります。

 

しかし主人公と浩太朗そしてかりんは知らない間に銀狐星精銀角と金角の縄張りに入ってしまいます。

 

さあ大変ですね。

 

どうやら金角と銀角は盗賊らしく主人公たちに無事に帰れると思わないでと言ってきます。

 

金角と銀角

 

二人とも女性になってますね。原作だと男だった気がします。

 

ただこの二人面白くコミカルに描かれてます。

 

紫金紅ひさごという名前を読んで相手が返事するとひょうたんの中に閉じ込められる道具がでてきます。

 

しかし手の内を金角がばらしてしまい、そのうえで主人公たちに名前を教えてくれと頼んできます。

 

いやもう教えるわけないです。

 

どうやら金角と銀角は初めて盗賊をやろうというのです。

 

しかしこれでは誰も引っかかりそうにないですね。

 

ていうわけでどかどかと戦闘に移ります。

 

金閣と銀核と戦闘

 

今回は金角と銀角が相手ですがこちらも適正レベルくらいあれば余裕で倒せます。

 

相手のボスは2人ですからガチャなどで引いたフルのメンバーで挑みましょう。

 

戦闘終了するとにおいをかぎつけた三蔵一行。

 

何をするかなと思ったのですが金狐星精金角にとどめを刺してしまいます。

 

主人公たちはやばいと思い銀角だけは逃がします。

 

もともと気弱な銀角は目の前でおきたことに困惑している様子です。

 

不浄なミュータントは倒すのが神の教えだと言い張るんですがこれ三蔵法師のすることじゃありません。

 

三蔵法師は慈悲深く西遊記の物語は最後に悪い妖怪はみんな改心する物語です。

 

三蔵と教え

 

 

不浄なミュータントは全て倒していこうというのが神の教えですと三蔵は言いますがこれ絶対におかしいです。

 

というわけで鳳かりんは三蔵がおかしいと見破るわけですが、三蔵は銀角を逃がしたことで主人公たちと対決するようです。

 

というわけで今回はここまでにします。

 

三蔵は紙魚にとりつかれてないはずですが物語がかなり改変されているようです。

 

次回も楽しみです。