今回は不思議の国のアリスの最終回ですね。

 

これまでいったい紙魚の核のしょうたいがいったい何なのか分かりませんでした。

 

今回はかりん大活躍でした。

 

というわけでさっそくいきまっしょう。

 

鳳かりん謝る

 

鳳かりんがいきなりアリスに謝りだします。

 

ええっ一体何事かと思ったのですがどうやら主人公たちはアリスから重要な物を奪い取ってしまっていたようです。

 

アリスの負けん気というやつですね。

 

物語通りのアリスなら周囲に流されず怒って抵抗する負けん気があったはずです。

 

それが今のアリスにはありません。

 

これはやばい事態です。

 

アリスが紙魚の本体

 

「ずっと守ってもらうだけじゃ話が進まないわよ」とかりんが指摘するとアリスは暴走し始めます。

 

うわぁかなり強敵そうですね。

 

アリスっていえばこの物語の主人公ですから。

 

そう思っていたのですがそんなに強くありませんでした。

 

ライラのレベルが上がっていたからですね。

 

ライラは22くらいなぜかあったのでかなり楽に倒せました。

 

最終戦ではジャバウォックとの対決になりましたが、さすがにもう苦戦しませんね。

 

というわけでジャバウォックを倒すとこれでアリスの世界は元通りになりました。

 

物語からすべての紙魚を取り除きこれで平和になりました。

 

アリスの世界から立ち去ることにしますが、もう会えないと思うと寂しいですね。

 

浩太朗はアリスの新しい物語を作ると言ってますから、また会えそうです。

 

というわけで不思議の国のアリスの世界はこれでおしまいです。

 

次は西遊記の世界だという事で楽しみです。

 

ソウルを無料でザクザク手に入れガチャを回す裏ワザはこちら